新着情報

洋楽&邦楽アイドルものdeadstock新品未開封CDたくさん出張買取しました| 音機館大阪本店(神戸,京都,奈良,和歌山)

2019/08/22

先日、和歌山にて洋楽と大阪にてアイドルものなど邦楽ものdeadstock新品未開封CDを出張買取させていただきました。

素晴らしい保存状態でほれぼれするくらいヤケもなく綺麗で美しい状態だったので、すごい!と目がキラキラしました。
90年代に発売されたものがほとんどでしたが、中には数十枚ほど80年代に発売されたものもあり、発売から30年ほど経過しているものだけに、こんなにも綺麗な状態で、残してもらったことに音楽ファンを代表してお客さんにお礼をいいました笑

このブログを書くにあたって、この素晴らしいCDについての解説を書こうかと思ってたんですが、それは次回をしようと思ってます。

というのも、お客さんから聞いた話しで、とても気になったことがあるのと、これはおなじ業界の人間として、ちょっと書いておきたいことを聞いたからです。
お客さんは当初、みなさんもご存知の某大型店に査定に行ったらしいんです。
そこで査定をしてもらったところ、「1枚10円ですねー」と言われたらしいんです。
ぜんぶで200枚ほどあるので、1枚10円だとしたら合計2000円になります。
わたしはそれを聞いてうわっ!と思いましたが、冷静に考えてみて、まあ、あそこならしょうがないなと。
というのも、あそこは大型店なので、家賃も高いだろうし、たくさん人を雇っているから経費がかなりかかるだろうし、まあ、それはそれでしょうがないなーと。
もちろん、以上の理由からだけではなく、某大型店の独自の査定方法が関係しているので1枚10円の査定ってのも納得できるので、某大型店を責めるつもりは一切ありません。
某大型店の査定は、いくら綺麗でも未開封でも、何十年も前もものには低査定だと聞いたことがあります。
うわさの範疇だと思って読んでくださいね。
そのかわり発売日から間もないものには高査定をしていると思います。
これは、回転率を経営的に重視しているのであって、骨董やヴィンテージ的価値にはとくにこだわっていないということだと思います。
1枚1万円のいつ売れるかわからないヴィンテージCDやLPレコードを店頭にならべるより、集客力がある某大型店なら1枚1000円のCDを短期間に10枚売るほうが得だし、利益的におなじだし、こっちのほうが効率的だと考えてると思います。
商品棚をいつもフレッシュに保つことで、お客に飽きさせず、週に何度か足を運んでもらえるし、購入機会も増えるからだと思います。なので、某大型店の査定にはわたし自身は納得しています。

反面当店のような某大型店にくらべて小さいお店は某大型店より集客力もないので、経営的に違うということです。
専門店にはマニアの方が来るし、ヴィンテージを探しに来る方も多いので、需給的に成立するから、査定方法は違うものとなるのはとうぜんのことだと思います。

話しが長くなり、すいませんがもう少しお付き合いください。

そのお客さんは、某大型店の査定に納得がいかなかったので、今度はヴィンテージ的価値が見出してもらえる大阪の他店に持ち込みました。
そこでの査定は1枚100円と言われたらしいのです。

deadstock新品未開封CDがですよ?!

で、そのお客さんは1枚100円も納得がいかなかったので、さらに他店に持ち込みました。
そこでも、1枚だいたい100円計算での査定だったようです。
その話しを聞き、わたしは心底びっくりしました。deadstock新品未開封CDがですよ?!
当店とおなじロックとジャズの専門店で、大阪でも名を聞く中古レコードCD店がそんな査定をするなんてと、信じられないくらいびっくりしたのです。
専門店に勤めていて、目利きができる人であればそんな査定になるはずもなく、同業者として、恥ずかしい気持ちになったのと、ひどいことするなーて、少しつよい怒りを覚えたので、今回書くことにしました。
たとえ担当者がいなくても、中古レコードCD店に勤めているので、あればそれくらいの価値はわかるのはとうぜんだし、あまりの知識のなさに悲しくもなったのは言うまでもありません。

そのお客さんは、すべての店の買取を断り、最後に当店を選ばれました。

当店の査定結果は、200枚で16万円でした。
お客さんはその査定額にびっくりしたのは言うまでもありません。
最後までずっとニコニコ笑顔で、こんなにも査定額に差があるのかーと、感心されていました。
もしお客さんが上記のお店で売却していたら、1枚100円として、200枚だから合計2万円でしたが、当店では16万円ですので、14万円損するところでした。
もちろん当店は16万円で買い取っても十分に利益が出るから16万円をお支払いしたのです。
これはひとえに目利きができるので、高額のお支払いができるからで、目利きができないお店などは自信がないから安く査定するという流れでしょう。
(※当店は反対に価値がないと目利きした場合は、いくら綺麗でも高く買いませんが。)

当店は音楽書籍に限り、書籍の扱いもあり、古書組合にも加入しており、業者間取引(一般の人は入れません)ができる大阪の市場や、東京の中央市にも出入りして売り買いをしています。
(ちなみに古書組合に加入していると日本全国の業者間取引の市場に競りで参加できます。)
加入当初、いまのお店の開業当初、もう何十年も前の話になりますが、市場で音楽書籍の目利きができず、クズみたいな本を高値で競り落としたりして、落ち込んだりもしました。
同業者の諸先輩方は、すでに目利きができるので、競りが終わったあと、わたしの肩をぽんぽんとたたき、「大丈夫?」と声をかけてくれたりしました。
その後も1年ほど、目利きが上達しておらず、欲しい本は競り負け、クズ本には相場より高い額で競り落としたりしてましたが、ちょうど一年後くらいに書籍を見ただけで、だいたいの競りのラインが見えてきて、目利きの能力はぐんぐん成長し、血と肉になっていました。それはひとえに同業者の諸先輩に鍛えてもらったり、教えてもらったりした結果であります。
いまの自分があるのはそんないろんな人との出会いなくして語らないし、感謝しかありません。

話しが脱線したので戻します笑

あれから20年、前職はレコード会社にも勤めていたので27年くらいかな、レコードもCDも音楽グッズも音楽書籍も、そのすべてに関しての目利きには自信がありますし、それがプロだし、看板を背負うということだと思っています。
もちろん、レコードCD書籍の世界は奥が深いので、27年音楽販売の世界に携わっていても、わからないこともあります。
そのときは素直に認め、すぐに調べ、勉強して自分の血と肉にし、目利きのスキルアップにつなげます。
めちゃめちゃながくなってしまいました。。
書きながら、むかしのことを思い出してしまい、熱くなってしまったことをお詫びし、雑文にお付き合いいただいたことに感謝をいたします。


洋楽・邦楽ロック、
日本のPOPSや歌謡曲など
デッドストック新品未開封CD買います!
価値のあるものには世界一の査定・
買取をさせていただきます。
また

カセットテープやライヴTシャツなどの コレクション売却は、ぜひ音機館ロックへ!
ロック以外の90年代~00年代の邦楽レコード盤も大歓迎!!

宅配買取もやっております。

Tシャツなどグッズ・アパレルの買取も大歓迎!!
もちろん書籍もOK!
(当店は古書組合の会員でもあるので、書籍の査定も得意です。)


【熟練・専門スタッフによる安心の買取査定!】

元大手レコード会社 16年勤務のスタッフが在籍
元某大型輸入盤店でバイヤー歴20年のスタッフが在籍
某オーディオ機器メーカー 25年勤務のスタッフが在籍

当店は買取販売のプロでございます。

当店の母体はハイエンド・オーディオ製品の取り扱いですので、オーディオ売却の際はぜひ当店へ!
(オーディオ機器の修理もやっておりますので、壊れていても当店がほしいものはオーディオ買取が可能です。)


買取のご相談はお気軽にお問い合わせください。

  ↓↓↓↓↓
店 名:音機館ロック 出張買取センター
所在地:〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611
電 話:TEL.06-6447-6959


年別アーカイブ

PAGETOP