新着情報

角松敏生 シティポップの名盤レコード「AFTER 5 CLASH」他|オンキ館宅配買取センター(日本全国送料無料)

2023/01/8

角松敏生さんをご存知でしょうか。熱狂的なファンが多い反面、それほど知名度があるわけではありません。ですが、今、角松さんの音楽は、国内外で再評価されているのです。シティポップブームが起こり、テレビやネット等で1980年代の音楽が特集されています。そこで名前が挙がるのが角松敏生さん。角松さんの作品は、海外でもとても人気があり、外国の方々が、角松さんのレコードを求めて、わざわざ日本へやってくることも。国内外で注目されている角松敏生さんを、人気作品とともに買取ご紹介・ご案内します。

角松敏生のプロフィール

角松さんは、1960年8月12日生まれのシンガーソングライター。1981年6月21日に、シングル「YOKOHAMA Twilight Time」、アルバム「SEA BREEZE」の同時リリースでデビューしました。クオリティの高い妥協のないこだわりぬいた音創りは、多くのファンを獲得。音楽業界でも高い評価を得ています。1993年に活動を「凍結」。理由は、プライベートのこと、自身の音楽活動の行き詰まり、など。「凍結」という表現になったのは、活動休止でも引退でもなく、いつまで休止か本人もわからないことが理由。1998年に活動を「解凍」。以降、角松敏生にしかできない音楽を求め、精力的に活動をしています。

角松敏生のブレイク

角松敏生さんのブレイクは、1985年、5枚目のアルバム「GOLD DIGGER〜with true love〜」でしょう。当時の日本では、まだそれほど認知されていなかった、ラップやスクラッチを取り入れた作品。当時のニューヨークの音楽を、いち早く取り入れた角松さんは、まさに知る人ぞ知る、最先端の音楽を創っていた一人なのです。「GOLD DIGGER〜with true love〜」は、オリコンチャートで7位になり、初のベスト10入りを果たします。次作、1986年のアルバム「TOUCH AND GO」も、オリコンチャート5位と順位を上げ、今と比べて権威のあった日本レコード大賞において、優秀アルバム賞を受賞しました。

http://www.toshiki-kadomatsu.jp/discography/img/photo/201204171444_24482.jpg
http://www.toshiki-kadomatsu.jp/discography/img/photo/201204171454_04763.jpg

プロデューサー 角松敏生

自身には、「代表曲と言えるものがない」と、自虐的に語る角松さんですが、プロデューサーとして、その手腕を買われています。杏里さんのアルバムを多数プロデュースし、ヒット曲「悲しみがとまらない」のアレンジも手がけました。中山美穂さんのアルバムもプロデュース。「You’re My Only Shinin’ Star」、「CATCH ME」は大ヒット。V6が歌い大ヒットした「WAになっておどろう」も、元々は角松さんの作品。角松さんが、長万部太郎としてボーカルを務める覆面バンド、AGHARTA(アガルタ)の楽曲です。AGHARTAの「ILE AIYE 〜WAになっておどろう〜」を、V6がカバーしました。作詞作曲名を、角松敏生ではなく、長万部太郎としているため、多くの人に知られていません。こうした「ちょっと惜しい」ところが角松敏生さんでもあります。

角松敏生 人気アルバム「AFTER 5 CLASH」

角松敏生さんの知名度を上げたのは、1985年の5枚目のアルバム「GOLD DIGGER〜with true love〜」ですが、そのブレイク前夜と言える作品が、1984年の4枚目のアルバム「AFTER 5 CLASH」。角松さんは、デビューから3作品は、主に夏、海をテーマにした作品創りをしていました。「AFTER 5 CLASH」では、それまでとは違う、都会、夜をテーマにしたアルバム構成で、おしゃれなイメージを打ち出しました。なんとなく角松敏生=おしゃれ、都会的といったイメージがついたのもこの頃かもしれません。1曲目の「IF YOU…」は、カッティングギターが印象的な楽曲。2枚のインストゥルメンタルアルバムをリリースし、ギタリストとしても評価の高い角松さん。そんな角松敏生=ギターのイメージも、このアルバムの頃から認知されていったように思います。当店では、角松敏生の帯付きレコード及び帯付きCDを高価買取させていただきます。

http://www.toshiki-kadomatsu.jp/discography/img/photo/201204171440_19034.jpg

レコ―ド盤が高額

「AFTER 5 CLASH」は、レコードがとても人気です。角松さんのレコードはとても需要がありますが、特に「GOLD DIGGER〜with true love〜」以前の、初期の作品が人気です。デビューアルバムの「SEA BREEZE」、 2枚目のアルバム「 WEEKEND FLY TO THE SUN」、 3枚目のアルバム「ON THE CITY SHORE」のレコードも人気作品です。中でも、都会的なイメージで、ブレイク後の角松敏生につながる4枚目のアルバム「AFTER 5 CLASH」は、レコード買取価格も高額なことが多いです。美品、帯付きであればなおさら高額となりえます。

http://www.toshiki-kadomatsu.jp/discography/img/photo/201204162239_14001.jpg
http://www.toshiki-kadomatsu.jp/discography/img/photo/201204171429_03918.jpg
http://www.toshiki-kadomatsu.jp/discography/img/photo/201204171430_06269.jpg

外国人が熱狂するシティポップ 角松敏生

角松敏生さんは、現在のシティポップブームをけん引するアーテイスト。特に外国人の角松さんに対する評価がとても高いです。そのため、外国の方々が、角松さんのレコードを求めて来日する様子が、テレビ等で何度も取り上げられていました。中古レコード店で、目当てのレコードを見つけた時の、うれしそうな表情が印象的でした。外国の音楽に刺激を受けて、素晴らしい作品を創り続けてきた角松さん。その彼の音楽が多くの外国人に評価されていることは、とても誇らしいことだと思います。

外国人ファンの代表ともいえるのが韓国人のDJ、Night Tempoさん。彼の角松愛は深く、さまざまな場所で角松さんを語り、DJとして音楽をかけたりしています。日本のみならず、外国人からも高い人気を誇る角松さん。彼のレコードは争奪戦ともいえ、買取・取引価格も高額となっています。


★シティポップなど帯付き国内POPsなどなど、レコード・CD買取いたします。!(レア盤歓迎!)
貴重盤はめちゃめちゃ高価買取します!


コンプリートされたお品/無傷・美盤・軽微なスレ/帯付き/マト1でも2でも/プロモ盤/テスト盤(めちゃめちゃ高価買取します)/オープンリール/などであれば、かならず高価買取させていただきます。


当店は洋楽・邦楽部門だけでなく、ジャズ部門、オーディオ買取もあります。なので、ワンストップですべて買取をさせていただけます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://onkikan.com/


【音機館スタッフは(演奏もする)音楽大好き集団&この道30年の買取経験豊富なベテランが在住するお店です。】


★元大手レコード会社 16年勤務のスタッフが在籍
★元某大型輸入盤店でバイヤー歴25年のスタッフが在籍
★某オーディオ機器メーカー 30年勤務のスタッフが在籍

当店は買取販売のプロでございます。

 


買取のご相談はお気軽にお問い合わせください。


店 名:「レコードCD高価買取店のオンキ館本店」(関西全域出張OK! 日本全国無料宅配買取OK!)
所在地:〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611
電 話:TEL.06-6447-6959


年別アーカイブ

PAGETOP